子連れで楽しむ☆北海道あれこれ情報局

子連れで楽しむべ☆北海道情報局

インドアだった私が激変、子どもをアチコチ連れ回ってる慌ただしい母チャンに

【道の駅】オスコイ!かもえない【きれいな海と海の幸!どらごん太のおやつが美味しい】

f:id:chochopolix:20180629173000j:plain

北海道の左のちょっと出っ張っているところにある村、神恵内村です。

積丹は行ったことある・・・という方は多いと思いますが、こちらはさらに札幌から離れます。

食事のお店などは少ないので大丈夫とは思いますが、見逃さないように注意です。

 

f:id:chochopolix:20180629172518j:plain

他の道の駅に比べたら割とこじんまりした印象です。

写真右側に気になる「何者か」が映っておりますので近づいてみます。

f:id:chochopolix:20180629172452j:plain

こちらは「共に」という、道都大学美術学部の生徒さんが製作した流木アート。

札幌のあちこちに作品が展示されている、小樽市出身の國松明日香さんが指導をした作品だそうです。

もちろんベンチのお隣に座って写真撮影できます!

 

道の駅内に入るとわんちゃんと鹿さんがお出迎えしてくれます。

f:id:chochopolix:20180629172506j:plain

 

道の駅内入ってすぐのところに「ホッケバーガー」のPOPを見つけたのですが、日曜午後ということもあって、カゴの中は空っぽでした・・・。

 

f:id:chochopolix:20180629172759j:plain

店内は海産物のお土産が多い印象です。

少々閑散としてる感じは否めないように感じました。

画像左手の黒い物体は、活ホタテ(150円)の入った生簀です。

大人は嬉しいかもしれませんが、こどもたちが食べれそうなものを探すと、

f:id:chochopolix:20180629172812j:plain

「どらごん太」のおやつシリーズがありました!

どらごん太は「竜神伝説」で有名な神恵内のご当地キャラで、誕生は平成4年。

(結構昔に誕生していて、流行りに乗ったわけではないのがわかります)

左上はどらやき(140円)、貝の形をしているのは最中(130円)、右は2個入りのみそ饅頭(170円)。

このみそ饅頭が、ほんのりしょっぱさがあって美味しい!

作っているのは神恵内村の和菓子店、「稲葉屋」さん。

 

他に甘い物は、レジにてソフトクリームを売っております。

海産物が有名な場所なので、地元の果物を使って・・・などではなく特に特徴はないソフトクリームですが、250円とお安いのでぜひ。

 

おみやげは「竜神伝説」をモチーフにしているものが置いてあったりするのですが、その他に、シーガラス(シーグラス)コーナーもあります。

f:id:chochopolix:20180629172745j:plain

シーグラスは、海などに落ちている波で角のとれたガラス片のことです。

ストラップや小瓶に入っているものなど、200円からありますので思い出にぜひ。

 

 

ちなみにトイレは清昔ながらのスタンダードなトイレです。

新しくはありませんが、掃除が行き届いていてとてもきれいでした。

f:id:chochopolix:20180629173025j:plain

 

神恵内村の海はとてもきれいですよ!

f:id:chochopolix:20180629173014j:plain

ぜひ天気のいい日に行ってみてください!